2013年10月01日

鉄パイプの下敷きに、積み込み作業の27歳死亡

30日午後3時半頃、さいたま市大宮区三橋の民家前で、埼玉県久喜市の会社員の男性(27)が鉄パイプの束(12〜20本)をトラックの荷台に積み込む作業をしていた際、崩れてきた鉄パイプの下敷きになった。病院に搬送されたが約2時間後に死亡した。
県警大宮西署の発表によると、1本の鉄パイプは長さ3〜4メートル、重さ約10キロ。

読売新聞 2013年10月1日
タグ:労災
posted by roudousaigai at 20:16| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする