2014年01月02日

労災死傷者数、近畿で和歌山だけ増加 1〜11月

和歌山県内で今年1月から11月末までに発生した労働災害(休業4日以上)の死傷者は969人で、昨年同期(959人)より1%多くなった。近畿地方で昨年同期より多くなったのは和歌山だけ。
和歌山労働局が27日に発表した。近畿平均は3・7%減。大阪は6・2%減、奈良は5%減、滋賀は2・8%減、兵庫、京都はそれぞれ1・5%減。
和歌山でも前年同期比でほとんどの業種が減少したが、飲食店が33人で、13人上回った。小売業も2人増えた。
ただ、死傷者数は近畿府県で最も少ない。大阪は6406人、兵庫は3794人、京都は1946人、滋賀は1127人、奈良は1051人。死者数も5人で最少で、前年同期より4人減った。

紀伊民報 2013年12月29日
posted by roudousaigai at 12:42| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする