2014年11月19日

労働者健康福祉機構、障害者雇用率うそ報告で地検に告発

全国の労災病院を運営する独立行政法人「労働者健康福祉機構」(川崎市)が、うその障害者雇用率を報告していた問題で、厚生労働省は17日、同機構を障害者雇用促進法違反(虚偽報告)の疑いで横浜地検に告発した。
厚労省によると、同機構は2012年、職員に占める障害者の雇用率が実際は0.94%だったのを2.12%、13年には1.42%を2.32%として同省に虚偽報告し、法定雇用率を達成しているように見せかけていた。虚偽報告は少なくとも10年から続いていたという。

毎日新聞 2014年11月17日

posted by roudousaigai at 20:55| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする