2015年07月19日

青森の死傷災害3.7%増1269件 26年度 労働局、指導強化へ

厚生労働省青森労働局がまとめた平成26年の県内の労働災害発生状況によると、休業4日以上の死傷災害は1269件で前年比3・7%増となった。同労働局は、労働災害防止を最重点施策とし、事業場への指導などを強化する方針。

死傷災害の内訳は死亡14件、休業1255件で、特に死亡は前年の7件から倍増した。死亡の半数の7件が建設業で、製造業も2件発生した。事故の状況は転倒が最も多く336件、次いで墜落・転落が248件、挟まれ・巻き込まれが148件など。業種別では製造業が254件と最多で、建設業233件、商業202件などとなっている。

産経新聞 2015年7月19日
posted by roudousaigai at 11:15| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする