2018年07月07日

<労災>精神疾患最多 申請1732人、認定506人

厚生労働省は6日、2017年度の労災の状況を公表した。長時間労働やパワーハラスメントなどが原因で精神疾患にかかり、労災申請したのは1732人(前年度比146人増)、労災認定されたのは506人(同8人増)で、いずれも過去最多だった。認定のうち、自殺(未遂含む)は98人だった。

精神疾患による労災申請を年代別にみると、40代が最多で522人(前年度比20人減)、30代が446人(同38人増)と続く。20代は363人で、前年度と比べ97人増えた。電通の女性社員(当時24歳)の過労自殺が社会的な問題になったことも一因とみられる。

一方、過重労働が原因の脳・心臓疾患の申請は840人(同15人増)で、認定は253人(同7人減)だった。過労死と認められたのは92人(同15人減)。いずれも高止まりの状況が続いている。

今国会で成立した働き方改革関連法には、残業時間の罰則付き上限規制が設けられ、大企業は来年4月から適用される。トラックやタクシー運転手などの自動車運転業務は5年猶予されるが、脳・心臓疾患による認定をみると、「自動車運転従事者」が89人に上った。

また、長時間労働につながるとの指摘がある裁量労働制の労働者についても、労災の状況を公表。精神疾患による労災認定は10人、脳・心臓疾患による認定は4人だった。過労死は2人、自殺(未遂を含む)は5人となっている。申請から認定までの期間は、脳・心臓疾患で平均10カ月と通常より4カ月長くなっており、「労働時間の把握が難しく、認定に時間がかかる」という指摘を裏付けた。

2018/7/6毎日新聞
posted by roudousaigai at 15:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山・総社の工場爆発、周辺3棟全焼 十数人けが、被害詳細確認できず

6日深夜に起きた岡山県総社市の工場爆発は7日午前10時現在、周辺の民家などに延焼したものの、鎮圧状態となった。当時、工場は無人だったが、付近の住民十数人が軽傷を負ったもよう。2次爆発や大雨による冠水の危険性があるため、警察や消防も近づけず、被害の詳細を確認できない状況が続いている。

岡山県警や総社市消防本部などによると、6日午後11時35分ごろ、同市下原、「朝日アルミ産業」岡山工場で爆発があり、火災が発生。周辺の民家や車庫計3棟が全焼、爆風で民家や店舗の窓ガラスが割れるなどした。当時、高梁川沿いの現場周辺は冠水。県警などは、アルミニウムを溶解する工場の炉に水が流れ込んで化学反応を起こした可能性があるとみて、詳しい原因を調べる。

親会社のアサヒセイレン(大阪府)などによると、工場は普段、アルミニウム地金を生産するため、24時間体制で溶解炉を運転。6日は午前中から大雨に備えて炉の停止作業を進め、午後10時ごろに従業員は全員退社。爆発当時は無人だったという。同社の担当者は「多大な迷惑をお掛けして申し訳ない。原因を調査中で、再発防止に全力を尽くしたい」とコメントした。

現場はJR総社駅から南西約2・5キロ。県によると、岡山市中心部や高梁市などでも爆発音と振動が確認された。工場近くの女性(68)は「ドーンというごう音とともに窓ガラスが割れ、ふすまや物置が倒れた。地震のような衝撃。家の何もかもがむちゃくちゃで、これからどうなることか」と声を震わせた。

2018/7/7山陽新聞
posted by roudousaigai at 15:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

横浜の農薬工場で火事 従業員1人死亡

12日午前9時ごろ、横浜市神奈川区恵比須町の「エス・ディー・エス バイオテック」の5階建て工場から出火、火は午後0時5分に鎮火した。
この火災で、従業員の男性(35)が病院に運ばれたが、約5時間後に死亡した。
神奈川署や横浜市消防局によると現場は工場群の一角で、49台の消防車が出動した。同社は農薬などを作っているが、有毒なガスの発生などによる避難指示などは出ていないという。同署などが出火原因を調べている。

2018/2/12朝日新聞
posted by roudousaigai at 13:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする