2018年03月26日

バス運転手意識失い塀に接触、2人軽傷 中津川の中央道

25日午前10時25分ごろ、中津川市茄子川の中央自動車道上り線で、名古屋駅(名古屋市)と池の平ホテル(長野県立科町)を結ぶシャトルバスの男性運転手(57)が運転中に意識を失い、バスは道路左側のコンクリート塀に接触した。乗客の男女2人が擦り傷や首の痛みを訴えるなど軽傷を負い、恵那市内の病院に搬送された。
県警高速隊によると、現場は片側2車線のほぼ直線の道路。運転手は異変に気付いた乗客に声を掛けられるなどしたが、車線を左にそれ車両左側面を塀にこすった。接触後間もなく意識を取り戻し、路肩に停車させた。バスは2〜84歳の男女34人を乗せて午前9時に同駅を出発し、ホテルへ向かう途中だった。同隊で詳しい事故原因を調べている。

2018/3/26岐阜新聞
posted by roudousaigai at 14:08| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

車販売店長自殺訴訟が和解 会社、過労認め謝罪

ホンダの子会社「ホンダカーズ千葉」の自動車販売店店長だった男性=当時(48)=がうつ病になり自殺したのは長時間労働などが原因だったとして、遺族が同社に未払いの賃金や残業代、損害賠償など計約1億3500万円を支払うよう求めた訴訟は17日、千葉地裁で和解が成立した。

同社が自殺の原因が過労であることや懲戒解雇の無効、安全配慮義務違反を認め、謝罪して解決金を払う。額は非公表。原告側の代理人弁護士が、和解成立後に記者会見し明らかにした。

男性については千葉労働基準監督署が昨年6月、日々の長時間労働や部下の残業時間を減らそうと仕事を自宅に持ち帰ったことが、自殺の原因などとして労災認定していた。

弁護士らによると、男性は15年3月に開店した千葉市内の販売店の店長に就任。持ち帰りの仕事を除いた残業が最大で月87時間、17日連続勤務など長時間労働を強いられ、同6月に出勤せずに行方が分からなくなり、約2カ月後にうつ病と診断されて懲戒解雇され、16年12月に自殺した。

2018/1/18千葉日報
posted by roudousaigai at 13:36| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

建設工事現場査察 約半数で法令違反 埼玉県

12月、埼玉労働局が、建設工事の現場を査察した結果、墜落防止の措置をとらないなど、およそ半数が、法令に反していたことがわかりました。

埼玉労働局は、事故が多発する年末に抜き打ちで、建設現場の特別査察を実施しています。対象となった109の現場のうち、半数にあたる55か所で、法令に違反していて、このうち、重篤な労働災害につながる恐れがあった現場は、9か所でした。具体的には、高さが2メートル以上ある足場で墜落防止用の手すりを取り付けていなかったり、資格を持っていない労働者が、クレーンでフックに荷をかけたりはずしたりする作業をしたりしていました。

事故防止のためのガイドラインはあるものの、現場で機能していないほか、安全管理の監督不行き届きが多く、埼玉労働局は、文書による改善報告を事業者に求めたということです。

2018/1/10テレビ埼玉
posted by roudousaigai at 12:26| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする