2017年05月03日

鉄パイプ落下、遺族が告訴 業過致死罪 作業員ら東京地検に

東京都港区六本木のマンション工事現場で昨年10月、歩道に落下した鉄パイプが直撃し通行中の男性(77)が死亡した事故で、遺族らは2日、業務上過失致死罪で、作業員と現場責任者の2人を東京地検に告訴した。

告訴状では、現場の目撃証言などから、作業員が鉄パイプ数本を両手に抱えて足場上を移動中、1本を落として頭部に直撃させたと主張。また、現場責任者は落下防止用の防護板に隙間があったにもかかわらず、交通誘導員に適切な歩行者の誘導をさせなかったとしている。

事故は昨年10月14日午前9時50分ごろ、マンション外壁の足場の解体作業中に発生。男性は歩行者用の迂回(うかい)路を歩いていて事故にあった。警視庁は現場の安全管理に問題があったとみて、同容疑で関係者から事情を聴いている。

産経新聞 2017/5/3
posted by roudousaigai at 08:13| 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月09日

エレベーターの底が落下 家具店従業員ら3人軽傷 東京

9日午後5時ごろ、東京都目黒区鷹番のビルで、「業務用エレベーターの底が抜けた」と119番通報があった。
警視庁碑文谷署や東京消防庁によると、エレベーターに乗っていた家具店の従業員ら20〜30代の男女3人が地下1階部分で倒れており、肩や首にけがをして病院に運ばれたが、いずれも軽傷とみられる。

従業員らがエレベーターで2階から1階まで家具を運んでいたところ、鉄板状の底が抜け落ち、約7メートル下まで転落したという。同署は家具の重量に問題があった可能性もあるとみて、同店関係者らから事情を聴くなどして詳しい経緯を調べている。

産経新聞 2013年5月9日
posted by roudousaigai at 20:49| 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

機械部品に頭と右腕挟まれ死亡。埼玉の工場

11日午前1時40分頃、埼玉県飯能市の合成樹脂加工製造会社で、同社社員の男性が機械の部品に頭と右腕を挟まれ、死亡した。
飯能署の発表によると、男性が合成樹脂を混ぜ合わせる機械を清掃中、上部に設置されていた箱形の鉄製の重しが落ちてきたという。重しは、合成樹脂を押し出すために使われる部品で、落下防止用のロックがかかるようになっていた。何らかの原因でロックが外れたとみられ、同署が事故原因を調べている。現場の工場では繁忙期には夜間も操業しているという。

読売新聞 2013年1月11日
posted by roudousaigai at 22:04| 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする