2012年11月14日

足場から、作業員が死亡。長崎の造船工場

5日午前8時半ごろ、長崎市深堀町の福岡造船長崎工場で建設中の貨物船で、同市の作業員の男性が船底に倒れているのを作業員が発見し、119番した。病院に搬送されたが、全身を強く打っており、約1時間後に死亡が確認された。
大浦署によると、男性は午前8時ごろから塗装作業の換気に使う機械を取り付ける作業をしていた足場から約8メートル下の船底まで転落したらしい。足場には、転落を防ぐ柵や手すりは無かった。労災事故とみて、詳しい状況を調べている。

毎日新聞 2012年11月6日
posted by roudousaigai at 19:47| 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

ワイヤ落下、解体作業員2人負傷 福島第1原発

東京電力は29日、福島第1原発1号機タービン建屋付近で、大型クレーンの解体作業をしていた協力企業の男性作業員2人が、落ちてきたワイヤに当たり負傷したと発表した。40代の男性作業員はあごや腕、肋骨、両足の骨を折る重傷。20代の男性作業員も肩や首、腹部などに痛みを訴えている。

東電によると、作業員らは1号機原子炉建屋カバー設置工事で使用した大型クレーンの解体作業中、同日午前8時半ごろ、クレーンでつっていた台座から落下してきた太さ28ミリの鋼製のワイヤの束(360キロ)に当たったという。40代の男性はドクターヘリで病院に搬送されたが、意識はあり、命に別条はないという。


産経新聞 10月29日
posted by roudousaigai at 08:11| 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

製紙工場のタンク内に転落、派遣社員の男性が死亡

29日午後11時半ごろ、静岡県富士市久沢の製紙工場で、作業員から「作業員の1人がタンクに転落したかもしれない」と119番通報があった。救急隊が駆け付け、タンクの内で同市松岡、派遣社員(61)が死亡しているのが見つかった。

調べでは、タンクは古紙をかき混ぜて溶解するためのもので、直径は約5メートル、高さは床上約1メートル、床下に2メートルほどあるという。事故当時、タンク周辺では1人が作業をしていた。


産経新聞 5月30日
posted by roudousaigai at 06:14| 事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする