2014年04月24日

県内建設現場の労災急増 経験不足と高齢化が背景 兵庫労働局

県内の建設現場で労災死亡事故が今年に入り7件(3月末現在)にのぼることが兵庫労働局の調べで分かった。昨年1年間で労災死亡事故は9件で、今年は約3倍のペース。現場で経験が浅い作業員が増えていることが背景にあるという。同労働局は3月下旬、県内の建設関係団体に対策の徹底を要請。しかし、直後に神戸市のビル解体現場で足場の柵が倒壊する事故が発生した。同労働局は原因を分析したうえで、新たな施策を模索するという。

同労働局によると、全業種での労災死亡事故は3月末で16件(昨年1年間は36件)。3月中旬には明石市内の家屋解体現場で重機と建物の間に挟まれた作業員が死亡した。多くは転落で、「天窓にはアルミ板を敷くなど基本的な対策が取られていない」(同労働局安全課)という。

背景として、景気の好転で工事の需要がふくらみ、人手不足が発生し、採用を急いだため、安全面の知識や経験が不足した若年層の作業員が増えている。一方、長い不況期に採用を絞ったことで作業員の高齢化が進展。「年齢層の二極化が進み、(世代間で技術を伝える)中堅の作業員が少ない」のが現状だ。

また、中小業者が請け負うことの多い改修や解体の現場では「コスト削減のため安全管理が行き届かないケースが目立つ」という。

産経新聞 2014年4月16日
posted by roudousaigai at 08:33| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

理科実験でアスベスト被害――死亡の男性教諭に労災認定

大阪の府立高校に勤めていた男性の高校教諭が2007年に中皮腫により57歳で死亡した件に関し、地方公務員災害補償基金大阪府支部審査会が今年1月、死亡原因は理科の実験で使用していたアスベスト(石綿)だとし、労災を認定していたことがわかった。

学校現場での石綿災害の労災認定は、滋賀県の小学校の体育教諭が体育館の天井に吹き付けられた石綿の飛散が死亡原因として労災が認められた(10年)が、理科実験での認定は初めて。石綿はかつて理科実験でよく使われており今後、労災認定が拡大しそうだ。

審査会の調べでは、理科担当の男性教諭は1978年から84年頃にかけて、金属イオンの溶液を滲み込ませたひも状の石綿繊維に火を付けて、色の違いから金属の種類を見分ける炎色反応実験を生徒たちのために繰り返し行なっていた。実験準備ではひもをハサミで短く切断するが、審査会はその際に飛び散った高濃度の石綿粉じんを吸い込んでいた可能性があるとしている。

男性は在職中06年に激しい咳や高熱が続き、同年10月に中皮腫と診断されたが、病状悪化は速く翌年1月に死亡した。遺族は公務災害を申請したが09年に同支部が「理科実験での石綿飛散の状況は明らかでない。あっても限定的」などとして労災認定しなかったために、不服とした遺族が審査会に不服審査を申し立てていた。

週刊金曜日 2014年4月14日
posted by roudousaigai at 20:29| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

耕運機とハウスの支柱に挟まれ国見の男性死亡

4日午前8時ごろ、国見町の農業の男性が手押し型の耕運機とハウスの支柱の間に挟まれていると隣人の男性が110番通報した。病院に運ばれたが、死亡が確認された。
福島北署桑折分庁舎によると、男性はハウス内で農作業中、耕運機でUターンする際にバランスを崩し、支柱との間に胸が挟まれたとみられる。

福島民友新聞 2014年4月5日
posted by roudousaigai at 21:08| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

<過労死>自民WTが防止法案の内容了承 今国会提出へ

自民党の過労死等防止に関するワーキングチームは1日、過労死防止対策を国の責務などとする過労死防止法案の内容を了承した。今後、党の厚生労働部会の検討や公明党との調整などを経たうえで、同法制定を目指す超党派議員連盟(馳浩代表世話人)と協議し、今国会に議員立法で提出される見通しだ。

法案の名称は「過労死等防止対策推進法案」(仮称)。過労死の定義は、労災で認定される脳心疾患と過労自殺とした。一方で、呼吸器の疾患など過重労働が原因とされる疾患もあることから、幅広く調査研究を進め、対象も経営者や役員まで広げる。

毎日新聞 2014年4月1日
posted by roudousaigai at 06:23| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月02日

労災死傷者数、近畿で和歌山だけ増加 1〜11月

和歌山県内で今年1月から11月末までに発生した労働災害(休業4日以上)の死傷者は969人で、昨年同期(959人)より1%多くなった。近畿地方で昨年同期より多くなったのは和歌山だけ。
和歌山労働局が27日に発表した。近畿平均は3・7%減。大阪は6・2%減、奈良は5%減、滋賀は2・8%減、兵庫、京都はそれぞれ1・5%減。
和歌山でも前年同期比でほとんどの業種が減少したが、飲食店が33人で、13人上回った。小売業も2人増えた。
ただ、死傷者数は近畿府県で最も少ない。大阪は6406人、兵庫は3794人、京都は1946人、滋賀は1127人、奈良は1051人。死者数も5人で最少で、前年同期より4人減った。

紀伊民報 2013年12月29日
posted by roudousaigai at 12:42| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

トヨタ系部品工場で火災。けが人なし―愛知

15日午後11時20分ごろ、愛知県安城市藤井町のトヨタ系自動車部品メーカー「アイシン・エィ・ダブリュ」の第2工場で、「爆発音が聞こえた」と近くの住民から110番があった。県警安城署によると、けが人は確認されていない。同工場はアルミ製の部品を製造しているが、操業への影響は不明という。 

時事通信 2013年10月16日
posted by roudousaigai at 06:58| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

鉄パイプの下敷きに、積み込み作業の27歳死亡

30日午後3時半頃、さいたま市大宮区三橋の民家前で、埼玉県久喜市の会社員の男性(27)が鉄パイプの束(12〜20本)をトラックの荷台に積み込む作業をしていた際、崩れてきた鉄パイプの下敷きになった。病院に搬送されたが約2時間後に死亡した。
県警大宮西署の発表によると、1本の鉄パイプは長さ3〜4メートル、重さ約10キロ。

読売新聞 2013年10月1日
ラベル:労災
posted by roudousaigai at 20:16| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする